リハビリテーション科

地域に信頼され親しまれる病院を目指すという当院の理念のごとく、地域に信頼され親しまれるリハビリテーション科を目指しています。

リハビリテーション科の方針
  • 患者様の意思を尊重し、具体的な目標をかかげ、実施する。
  • 入院時より退院時を意識し、アプローチを行う。
  • 廃用症候群、誤用症候群の防止に努める。
  • 関連スタッフ間での連携を密にし、チームとして取り組み、実施する。

リハビリテーション病院、スポーツクリニックでの勤務経験を生かし、治療効果を追及したリハビリテーションが提供できるようにリハビリテーション科をまとめております。
野村病院リハビリテーション科は患者様一人一人に合ったリハビリの提供を心がけています。また接遇にも力を入れ患者様が安心して、気持ちよくリハビリが行えるように教育・指導にも力を入れています。スタッフはみんな向上心が強く、日々知識・技術の向上を目指し、院内外の勉強会にも積極的に参加しております。見学のみも結構ですので是非リハビリテーション室にお立ち寄りください。【リハビリテーション科 室長:松田孝司】


理学療法

理学療法では、寝返り・起き上がり・座位・立位・立ち上り・歩行が難しい患者様、痛みのある患者様に対して運動療法・物理療法を提供しています。運動療法では患者様・ご家族の意向も取り入れながら、筋力を付ける訓練、関節の動きをよくする訓練、痛みをとるための徒手療法、各種動作訓練を実施しています。どちらかと言えば苦しい訓練が多いのですが出来るだけ楽しく訓練が行えるように努力しております。
野村病院の物理療法機器:頚椎・腰椎牽引、低周波、中周波、レーザー、干渉波、過流浴、ホットパック、マイクロ、パラフィンを取り揃えております。

作業療法

作業療法では、主に上肢に対しての訓練、ADL訓練、刺激入れ訓練を行っています。対象疾患は脳血管疾患、整形疾患、廃用症候群、認知症などです。ADL 訓練に関しては、訓練室で出来ている動作が日常生活にも繋げられるように、病棟スタッフやご家族との連携を重要と考えています。また、入院生活における精神的な負担(ストレス)を作業療法室に来て少しでも軽減できるよう、患者様の訴えを聞けるような、話し易い空間作りを目指しています。

言語聴覚法

言語聴覚士(ST)とは、声の障害、ことばの障害、きこえの障害、食べることに障害がある方々に対して、検査などを用いて評価を行い、訓練や指導、相談や助言を行う専門職です。野村病院では、特に食べることに障害がある方々に対してリハビリに力を入れています。
『食べること』とは、人間の本能の一つです。主に脳卒中やパーキンソン病等の様々な病気によって、『食べること』が難しくなります。その症状には「飲みにくい」、「いつもお茶等でむせてしまう」、「飲み込んだ後にのどに違和感がある」といったことが挙げられます。従来では、この状態になると鼻や胃からチューブ を入れることで栄養を摂取していましが、言語聴覚士と一緒にリハビリを行うことで再び「食べること」の喜びを獲得できるようにリハビリを行い維持・向上につながります。
『食べること』に少しでも不安があれば、気軽にご相談に来てください。


ご予約のない患者様は担当医以外の医師の診察となる場合がありますので、ご了承ください。
検査などのご予約は指定時間に御来院下さい。
ただし、初診および急患は予約の有無に限らず随時、診察いたします。