禁煙外来

タバコが止められない原因は、ニコチン作用(ニコチン依存症)と喫煙習慣(心理・行動的依存症)です。

2006年度より保険適用となる禁煙治療(ニコチン依存管理料)がはじまりました。禁煙は、決して患者様の意志が弱いから禁煙出来ないわけではありません。まず、禁煙の決意をしましょう。

患者様にあった禁煙導入法、ニコチン依存症からの適切な離脱方法(ニコチン代替療法)や行動療法(タバコに頼らず、気分を落ち着けるような行動を身に付け、喫煙習慣から離脱する方法)を見つけ実行することにより、誰でもタバコを止めることが出来ます。

禁煙外来では、患者様自身にあった禁煙導入法、ニコチン代替療法や行動療法を見つけ、実行することをお手伝いします。

自由診療か、保険適用になるかは受診してから決まります。

もちろん、禁煙外来を受診したからといって、容易に1回で禁煙が成功するとは限りません。しかし、たとえ禁煙に失敗したとしても、その失敗が次の成功に結びつきます。失敗を恐れず、気楽な気持ちで何度も禁煙に挑むつもりで頑張りましょう。

以下の条件全てを満たす方は保険適用となります。
禁煙外来に関するお問い合わせは担当医師にお尋ねください。

  • 直ちに禁煙をしようと考えている方
  • ニコチン依存症のスクリーニング゙検査でニコチン依存症と診断された方
  • 喫煙年数×喫煙本数=200以上の方
  • 禁煙治療を受けることを文書で同意していること

ご予約のない患者様は担当医以外の医師の診察となる場合がありますので、ご了承ください。
検査などのご予約は指定時間に御来院下さい。
ただし、初診および急患は予約の有無に限らず随時、診察いたします。