野村病院 外来風景

外来のご案内 Ambulatory

神経内科

当院の神経内科は、パーキンソン病の的確な診断に基づく治療を行い、患者さまの生活の質の改善を行うことを目的としています。

パーキンソン病は、脳のドーパミンが不足する病気で、50歳代に発症することが多く、手足のふるえ、筋肉のこわばり、動作の緩慢化などが主な症状です。神経難病のなかでは最も有効な治療法が確立されており、早期に診断し適切な治療を行なえば、質の高い生活を送ることが十分に可能です。

下記の症状にあてはまる場合、パーキンソン病である可能性があります。症状等について、ご心配のある方は、パーキンソン病専門外来までご相談ください。

  • 手足がふるえる。字がふるえて書けない。
  • 力が入らない。疲れやすい。
  • 手足がしびれる。肩こり。腰痛。
  • つまずきやすい。転びやすい。足をひきずる。
  • 声がでない。声がふるえる。声が小さい。
  • 表情がなくなった。
  • 姿勢が悪くなった。
  • 人と会ったり、外出するのがいやになった。
  • 動きがわるくなった。一つの動作をするのに時間がかかるようになった。
  • よだれが多くなった。
  • 座っていると自然に身体が傾くようになった。
上へ戻る